家具の耐久性について

家具を長持ちさせるには

家具の一部の椅子の耐久性

家具の中には椅子も含まれていますが、その耐久性は非常に重要となってきます。多くのタイプは4本足であり、単純に座った時に体重が4分割されて支えることになります。成人の体重は男女ともに何十キロもあるため少なくとも10キロ以上の荷重が脚一本ずつに乗るとされます。また日常的に使用するのであれば座る回数も時間も増える為、よりよい性能が求められます。またもし椅子の脚一本でも折れてしまうとけがを負う可能性もある為、安全性が求められます。日常的に使う家具だからこそ、より安全に配慮していることが重要であり、その一つに耐久性が求められます。

椅子を使う上での注意点

家具は生活する上で重要であり、日本の住宅も欧米文化の影響を受けて洋式になりつつあります。またその一つに椅子があげられます。置いて座るだけの為比較的利用も移動も簡単であり、足を痛めた時などは非常に便利です。しかし座った際に支える脚の部分に体重がかかる為フローリングを傷つけてしまうこともあります。また長期間同じ位置に固定して座り続けていると徐々にその部分が陥没してしまうこともあります。そのため最近では脚に保護用カバーをまいて傷つけないようにしている家庭も多いです。家具は一度購入すると買いなおすことは少なく椅子もその一つといえます。そのためより快適に暮らす工夫が大切です。

↑PAGE TOP